オフィスにおいて、会議室のレイアウトとして、講義タイプがあります。決定事項の確認などに使います。

最近の賃貸オフィスと会議室は豪華でビックリ!
CONTENTS
最近の賃貸オフィスと会議室は豪華でビックリ!

オフィスでの会議室で講義タイプのもの

会議の目的としては、話し合いで何かを決めることがあります。このときにおいては、参加者が平等に意見を言い合えるようなスタイルが望ましくなると思います。ある人のみが意見を言ってしまうと、偏った意見のほうで結論がでてしまうことがあります。一件平等に参加できそうなスタイルでも、強さが出ることがあります。その部分を意識しないと、強い席に座っている人が、弱い席に座っている人よりも意見が多くでるようなことがあります。

別の目的としては、確認があります。このときは、会議といっても既に決まっていることの確認作業になります。一人が決まっている事項について述べていって、参加者はそれを聞きます。そのときに意見があれば言う形になります。その場で言うこともありますし、一通り終ってから言うようなこともあります。オフィスにおいては、このときの会議室としてはどのようなレイアウトにするのがよいかです。通常のタイプになると、伝えにくいこともあります。

参加者が多くなることがありますから、講義タイプのレイアウトにします。前に、発言者の席があって、それと向かい合うように参加者の席がずらっと並ぶことになります。社長がマネジャーを集めて今後の方針を伝えたり、役員に伝えることもあります。何かの発表のときにもこのスタイルは使えます。ある部署で行っている取り組みなどを紹介するときには、発表者がそれぞれ出てきて、それを前で話し、参加者は聞くことができるタイプです。

お薦めサイト