オフィスの中にあって、会議室は会社の心臓部。でも、その心臓を動かす血管が詰まってる会社が少なくない様な・・・。

最近の賃貸オフィスと会議室は豪華でビックリ!
CONTENTS
最近の賃貸オフィスと会議室は豪華でビックリ!

その会議煮詰まってません?会議室の風通し改善でオフィスが活性

社長さんなり、そのプロジェクトの責任者の方が、バンッとデスクを叩いて一喝。会議室の中の空気は最悪で、煙草の臭いが充満してる。会議は完全に煮詰まって、膠着状態・・・。そんなオフィスって、余り良い感じを受けませんよね。社員の方も、幾ら良かれと思って提案してもダメ出しのオンパレードで、結局、落ち着くのは、トップダウンの鶴の一声―。これでは、もはや会議ではありません。が、ハッとされた経営者の方も、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。会議室の風通し(換気も含めて)が悪いと、人間の体と同じ様に血管が詰まって、健康な血が流れないんです。

おおよそこの様な会議室のデスクの配置は、先ず上座にトップが座って、左右に分かれて対面し、肩書が高い人の順番で座っている―。みたいな、不健康な配置になっていませんか。斬新な意見やアイディアは、むしろ若い方や、下部の社員さんが持っているのにも拘わらず、話すそばからダメ出しでは、やる気なんて、そりゃ吹き飛んでしまうでしょう。このデスクの配置を丸くしてみるだけでも、対面と横並びと、多くの人の表情も見えて風通しは良くなるものです。また、丸テーブルを幾つも置いて、上司も社員も一緒のテーブルに座るだけでも雰囲気は、ガラッと変わります。

会議は多くの意見が飛び交って、ぶつかって、ブラッシュアップされるもの。ダメな部分は改善し、良い部分は改良して物が出来ていく様に、会議もこうして活性化されれば、自社の発展も更に加速していくのではないでしょうか。若い人に、もっともっと発言の機会を与え、ちゃんと聞いてから、全員で中身を吟味する。そんな会議がオフィスの血液なんだと思いますが、いかが!?

お薦めサイト