オフィスで重要な会議をするのであれば、窓のない会議室を利用します。窓の外から情報が見られないためです。

最近の賃貸オフィスと会議室は豪華でビックリ!
CONTENTS
最近の賃貸オフィスと会議室は豪華でビックリ!

オフィスにおいて窓のない会議室を利用する

マンションにおいては、どうしても窓のない部屋が出来てしまうことがあります。角部屋などであれば、ベランダと通路以外にも窓が利用できることもありますが、そうでなければ、ベランダなどしか窓はつけることが出来ません。寝室や勉強部屋など、窓が必要ないこともありますが、気分転換のためであったり、風通しのことを考えるとついているほうがよいです。窓といいますと、中にいる人が、外の情報を得るためのものとする事があります。

でも窓は、場合によっては外部に情報を流出する部分になることがあります。オフィスにおいては、特に厳重に管理をしなければいけません。何の気なしに重要なことを行っていると、向かいのビルなどから盗み見されてしまうことがあります。細かい文字などは見えないだろうと思われるかもしれませんが、高度な望遠鏡や双眼鏡を使えば、決して難しいことではありません。高い技術を持っている会社なら、狙われてはいないかを気にする必要があります。

会議室を利用するときには、どのような部屋を利用するかです。企業内に設置をするのであれば、窓のない部屋を利用するようにします。会社においても風通しは大事ですが、それ以上に企業情報のほうが大事になります。固定していると、より狙われることがあります。また、借りる場合でも、窓のないところを探すことがあります。カーテンなどを閉めればよさそうですが、透けるカーテンであったり、ちょっとした隙間から見られることがあります。

お薦めサイト